料金と流れについて

弁護士バッジ

料金を比較

借金が無くなることで知られている時効は、意外に低価格な料金となっています。弁護士事務所によって料金は異なりますが、今では2,5000円前後の着手金を支払えば手続きをしてもらうことが可能となっています。また、債務整理は39,800円前後、自己破産は270,000円前後もかかってしまいます。これらよりも借金返済の時効の方が費用が安くなっているので、手持ち金がないという方には最適な手段となっています。また、この料金でも支払えないという場合は、分割払いや後払いといったサービスを取り入れている弁護士事務所を利用するといいでしょう。そうすることによって、財布の負担を低減させることが可能となっていますよ。これなら、親やパートナーに借りて迷惑をかけることもないので、利用しやすいと言えるでしょう。

契約する流れ

借金返済の手続きをするためには、段階を踏まなくてはなりません。まず、弁護士事務所に相談した後受任契約が完了したら、契約ができたと思ってください。そして、時効援用通知書を作成します。これは難しい内容を間違いなく記入しなければならないので、弁護士に任せるのが無難です。そして、時効援用通知書を投函することによって、時効成立となります。手続方法は弁護士事務所によって異なるので、担当弁護士とよく確認を取ってから手続きを進めるようにしましょう。こまめに連携を取ってコミュニケーションを取ることによって、弁護士との信頼関係を深められますよ。

Copyright© 2018 借金返済は時効で帳消し!プロに依頼するのが得策 All Rights Reserved.