注意点がある

相談

弁護士事務所に行く前に

弁護士に相談する際には注意点がるので、押さえておくといいでしょう。例えば、弁護士に依頼する機会はそうそうないので、話している途中で混乱してしまうことも容易に予想することができます。そうなってしまうと趣旨がうまく弁護士に伝わらない可能性があるので、相談に行く前にメモに書いて伝えたいことをまとめておくといいでしょう。例えば、借金返済の時効の相談をするのか、他のことも相談もまとめてするかなどもまとめておくと無駄な時間と費用を使わなくてよくなりますよ。そして、借金返済の時効をする時に資料が不要な場合もありますが、弁護士に的確に判断してもらいたいなら、借金をした事実がある用紙などを揃えて持参するといいかもしれません。他にも、お金遣いが荒くてギャンブルに手をだして借金したなどの理由は自分に不利になってしまう可能性があるので、秘密にしたいと思うことでしょう。しかし、これらを弁護士に伝えずに資料作成や裁判をして、その後に経緯が判明すると返ってあなたが不利になってしまいます。そうならないためにも、正直に弁護士に詳細を話しておく必要があります。そして、焦って弁護士に連絡を入れずに何らかの行動をしてしまい、借金返済の時効ができなくなってしまったケースも実際に存在します。ですので、衝動に駆られて行動したくなった時は、事前に弁護士に相談してから行動するようにしてくださいね。そうすることによって、あなたが不利になることなく無事に借金返済の時効を成立させることができるでしょう。

Copyright© 2018 借金返済は時効で帳消し!プロに依頼するのが得策 All Rights Reserved.